子持ち女性は不利?転職を成功させるために知っておくべきこと

子持ち女性は不利?転職を成功させるために知っておくべきこと

2017/10/31 更新

子持ちの女性が転職で重視すべきポイント!

子持ち女性は不利?転職を成功させるために知っておくべきこと

家庭を持っている女性も、子育てや家事をしながら働きたいと考えている人も多いでしょう。 家庭と家事を両立させるために、思い切って転職をする女性はたくさんいます。 しかし、子持ちだと転職が不利と思う人もいらっしゃるようです。 本当に子持ちの女性は転職で不利になってしまうのでしょうか? 今回は家庭と仕事を両立させたい女性が転職に成功するポイントをご紹介していきます。

 

ワークライフバランスがよさそうな仕事を選ぶ

働き方の多様化により、ワークライフバランスが注目されていることはご存じでしょうか?

ワークライフバランスとは仕事と私生活の調和を意味する働き方のことです。

働きながらも家事や育児・介護、趣味といったプライベートを充実させ、仕事効率や仕事への満足度を高めてやりがいを向上させることが目的です。

最近は過重労働や育児・介護により離職増加などの問題により、ワークライフバランスを意識した働き方を推奨する企業も増えています。

これにより、子育て世代の女性も少しずつ働きやすくなっているのです。

子育てに理解のある企業も多い

子育て世代の女性にマッチする条件といえば、やはり時間や休日の融通が利くことではないでしょうか?

好きな時間に働くことができ、さらに有給休暇や育児休暇が取得しやすい職場だと家庭との両立も難易度が下がるでしょう。

子育てに理解のある企業であれば、子持ちの女性に有利な待遇も完備されていることが多いです。

待遇が良い会社はその分、仕事も忙しいことが多いです。

自分が求める条件の基準を満たしつつも、ワークライフバランスを意識した子育て世代に理解のある仕事を探すことが成功のポイントと言えるでしょう。

チェックすべき求人要項

子持ちの女性が転職をする際、どんな求人を選ぶといいか悩む人も多いでしょう。

それでは、チェックしたい求人要項を確認していきましょう。

産休や育休を完備

子持ちの女性であれば産休や育休は重要な条件です。

今後第2子、第3子と出産する予定があるのであれば、特に必要な条件と言えます。

できれば、産休や育休の取得実績を確認できると安心できるでしょう。

しかし、面接では聞き方によって不利になる場合もあるので、内定をもらった時に質問した方が無難です。

勤務時間を選べる

子持ちの女性は毎日子どもの送り迎えもありますし、子どもが病気になれば病院に連れていくなど急な予定変更もあります。

そうなると、勤務時間に融通が利かないと働きにくくなります。

シフト調整が自由であったり、時短勤務もしくはフレックスタイム制であったりすると働きやすいです。

どのくらいであれば融通が利くのか会社に確認しておきましょう。

勤務先の距離

子持ち女性の朝は弁当作りや朝食作り、掃除に洗濯とやることが多いです。

1時間以上の勤務となると肉体的にも、精神的にも疲労が溜まってしまいます。

加えて、幼稚園や保育園、学校から急な呼び出しがある場合、すぐに駆けつけないとならないでしょう。

そう考えると勤務地が自宅から遠いと不便です。

日々の負担や急な予定が入った場合のことも考えて、勤務先は自宅より近いエリアが望ましいです。

長期的に働けるか

優先条件にマッチした企業であっても、長期的に働くことが難しい職場であれば再び転職活動をするはめになります。

長く働けるかどうかは、妥協できない部分を明確にすることです。

確実に優先したい条件が明確であれば、条件悪化という事態を回避できるでしょう。

キャリアアップをめざした転職がオススメ

子持ちだから不利というわけではありません。

家庭と仕事を両立しながら、キャリアアップをめざした転職は可能です。

ある程度時間が確保できるのであれば、やりたい仕事に関する資格取得にチャレンジしても良いでしょう。

資格があることで信頼性も増し、条件の良い求人も探しやすくなります。

資格を活かした転職

例えば、事務職の派遣では自給1000円から1300円ぐらいが相場ですが、TOEIC800点であれば外資系企業の転職が狙えます。

外資系企業の場合、同じ事務職の派遣でも自給が1700円ぐらいと一般的な企業よりも高めとなっているのです。

資格といっても何でも良いというわけではありません。

業種によっても重要となる資格は異なるので、働きたい仕事にマッチした資格を取ることが重要です。

エージェントを利用するのもアリ!

転職サイトから求人を探す人も多いでしょうが、転職エージェントの活用もオススメです。

転職エージェントであれば、自分の経歴やスキル、さらには条件に応じた求人を探してもらえます。

優良企業の非公開案件もあるので、待遇が良い上に子持ち女性にも適した条件で働ける可能性も高いです。

転職のプロが選考のアドバイスや面接の日程調整、給料の交渉などあらゆることをサポートしてくれるので、転職活動に自信がない人も安心して活動できるでしょう。

最近は女性に特化したエージェントもあります。

まとめ

子持ちの女性は条件が狭まるので、転職が難しいイメージも強いでしょう。

しかし、最近は男性の育児参加も増えたことで、家庭と仕事の両立を意識する企業も増えています。

優先する条件は人それぞれですが、子育て世代でも働きやすい仕事は増えているので、安心して転職活動ができるでしょう。

不安な場合は転職エージェントが心強いので、ぜひ活用してみてください。