大事な面接!到着時間を管理してスムーズに転職を決めよう!

大事な面接!到着時間を管理してスムーズに転職を決めよう!

2017/12/6 更新

転職は時間の管理も重要!

大事な面接!到着時間を管理してスムーズに転職を決めよう!

転職を考えている人にとって、応募先の面接は非常に重要な山場でもあります。 また、面接の時間に遅れてしまうのは厳禁です。 では、転職活動における面接は何分前に到着するのが望ましいのでしょうか? 当日の時間をしっかり管理するよう心がけなければなりません。 転職を成功させるためにも、面接前の準備も大切です。

 

会場には何分前に到着しておくのがベスト?

基本的に、面接会場へは予定開始時間の5分~10分前を目安として会場の受付を済ませるのがベストです。

受付時間の時間よりも早く着き過ぎてしまうと、ビジネスマナーを疑われる可能性があります。

悪い印象を与えないよう、目安時間を参考にしましょう。

また、応募先の面接担当者は、仕事の合間に面接時間を設けています。

当たり前のことですが、面接以外の時間には通常の業務を行っているのです。

早く着き過ぎることで、面接担当者の仕事を遮ってしまうということにもつながりますし、予定時刻の5分~10分前に受付を済ませるようにしましょう。

では、万が一会場に早く着き過ぎてしまった場合、どうすれば良いのでしょうか?

面接当日は、受付時間に遅れてしまわないよう早めの行動を心がける人が多いことでしょう。

しかし、余裕を持って早く着き過ぎてしまった場合には、そのまま会場へは入らず、会場の最寄り駅や近くの喫茶店で時間を潰すのがオススメです。

では、時間を潰す方法として有効な手段を紹介しましょう。

  • 履歴書を再度読み直す
  • 募集要項や企業情報の再確認
  • 身だしなみチェック
  • 現在地から会場までの道のり確認

このように、実際の面接に備え、時間を有効活用することもできます。

早く着き過ぎたからといって焦らず、冷静に行動するようにしましょう。

事前に調べておいた方が良いことはある?

面接日当日になって困惑しないためにも、事前準備は欠かせません

面接の受け答えばかりに捉われず、遅刻に備えるための準備もしっかり行っておくようにしましょう。

面接時間と会場までの地図、乗り換えをチェック

余裕を持った行動をするためにも、これらは必須項目となります。

交通網をしっかりと調べ、当日利用する電車やバスの時刻や乗り換えを把握するようにしましょう。

早めに行動する

自宅から会場までに要する時間を把握し、早め早めの行動を心がけましょう。

電車やバスを利用する場合、時間が遅れる可能性もありますし、余裕を持って行動することが大切です。

応募先の緊急連絡先を控えておく

当日の交通機関の状況によっては、受付時間までに間に合わないケースもあるでしょう。

そんなときに備えて、緊急連絡先をきちんと抑えておくことも大事なことです。

同時に、面接担当者名も覚えておきましょう。

万が一の際に使うタクシー代の用意

交通機関等の遅れや何らかの理由で、タクシーを利用すれば間に合うといった状況になることも考えられます。

そんなときのために、タクシー代を支払えるだけの現金を所持しておくことも大切です。

面接時間に間に合わない!まずするべきこととは?

時間に余裕を持った行動を取っていたにも関わらず、実際の時間に遅刻してしまったり、反対に早く着き過ぎてしまった、ということもあるでしょう。

そんなときは、どのように行動すれば良いのでしょうか?

素直に謝罪しましょう

遅刻してしまった場合と、早く着き過ぎてしまった場合とでそれぞれ正直に伝えることが大切です。

遅刻してしまった場合、遅刻が確定した段階で、応募先の担当者へ連絡してください。

そして、謝罪とともに遅れる可能性が高いことをしっかり伝えると良いでしょう。

早く着き過ぎてしまった場合、面接時間を間違えてしまったことに対して謝罪しましょう。

また、何故面接時間を間違えたのか、原因もきちんと伝えることが大切です。

採用担当者からの言葉をしっかり受けとめる

採用担当者の中には、時間を間違えたり、遅刻したことに対して叱りを言われてしまうこともあります。

叱りの言葉を受ければ、誰しも良い気分にはなりません。

しかし、非があるのは自分だという事実には変えられませんので、相手側の言葉は素直に受け取るという誠意を見せましょう。

持ち物は入念にチェックを…!

当日の持ち物は、不足がないようにするためにも、必ず事前に準備しておくようにしましょう。

持って行くべき具体的な持ち物としては、以下の通りです。

  • 応募先から指定されたもの
  • 履歴書及び職務経歴書のコピー
  • 応募先の募集要項やその他の情報が記載された資料など
  • 筆記用具
  • 腕時計
  • ハンカチ
  • 印鑑
  • 財布
  • 携帯電話

その他、常備薬や折りたたみ傘など、必要なものもしっかりと確認しておきましょう。

当日になって慌てて準備するのは、時間に余裕を持った行動どころか、ギリギリになってしまうといった事態になる可能性もあります。

事前に準備し、前日には持ち物を再確認できるくらいの余裕を持つことも重要です。

まとめ

いかがでしたか?

面接直前は、成功させようと誰もが意気込むに違いありません。

しかし、事前に必要な準備を改めて確認し、時間に余裕を持って行動できるように心がけましょう。