転職市場は「秋」がアツイ!秋に求人が増える理由と準備しておくべきことは?

転職市場は「秋」がアツイ!秋に求人が増える理由と準備しておくべきことは?

2017/12/6 更新

なぜ秋になると求人が増えるの?

転職市場は「秋」がアツイ!秋に求人が増える理由と準備しておくべきことは?

転職活動に取り組む時期は、転職が成功するかどうかに大きく関わってきます。 転職活動に適した時期があるのなら、その時期に転職活動を始めたいですよね。 時期によっては求人数が少ない時期や、他の転職希望者の多い時期があり、それによって転職がしやすいかどうかも変わってきてしまいます。 そういった様々な観点から見ても、秋は転職に最も適した時期と言うことができるでしょう。 今回は、秋が転職に適している時期と考えられる理由をご紹介いたします。

 

転職の旬は「秋」!それはなぜ?

求人数の多さは転職活動の成功に大きな関わりがあります。

求人が多いと自分に合った職場を見つけられる可能性が高まりますし、仮に内定をもらえなかった場合でも、すぐに次の求人に応募することができます。

一般的に、求人数が一番多くなるのは9~10月と言われています。

求人数の増減は、景気の良さや業界の動向などによって決まるので、その動きを確実に把握することは簡単ではありません。

しかし、9~10月はほぼ確実に求人数が多くなる時期と言えます。

これは、下半期に向けた人員補充の求人と、来年度に向けた求人の両方が9~10月に揃うためです。

下半期に向けた人員補充の場合は即戦力になれる人材が求められ、来年度に向けた求人の場合は未経験者も歓迎されるので、様々な業種の求人を選択肢に入れることができます。

また、企業によっては11月に求人数のピークを迎えることもあります。

11月は年末に向けて他の転職希望者の転職活動が鈍る時期でもあるので、ライバルが少ない状態で転職活動を行うことができます。

これらのことから、秋は転職の旬と言うことができるのです。

秋が転職に向いている理由

秋は企業の採用意欲が高まる季節です。

企業が秋に求人活動を活発にする理由には、退職者の穴埋め、下半期に向けた人員確保、年末までに採用予算を使い切るためなど、様々なものがあります。

こういった場合は人材への需要が急激に高まるので、採用基準が緩和されたり採用人数が増えたりするということが考えられます。

また、9~10月に増加した求人は年末が近づくと減少していきます。

求人数が多い時期は、選択肢は広がるがライバルが多い、求人数が少ない時期はその反対というように、求人数が多い時期・少ない時期にはそれぞれメリットとデメリットの両方があります。

秋は求人数の多い時期と少ない時期のスパンが短いため、両方のメリットを生かして転職活動を行うことができます。

転職時期によって受け入れ態勢が違う?

9月~10月の求人は、即戦力として働ける人材の採用を目的としている場合も少なくありません。

8月のボーナスをもらってから退職する人が出てくるので、9月~10月にはその穴埋めとしての求人が多くなるのです。

春採用の場合は、新卒者のために研修のスケジュールがしっかりと組まれている場合が多いです。

9~10月の転職は退職者や人事異動の関係で社内が慌ただしくなりやすく、春採用に比べると企業の受け入れ態勢が整っているとは言えないかもしれません。

しかし、人事異動によって新たに転勤してくる人が多いため、職場に馴染みやすいというメリットもあります。

このように、時期によっては企業の受け入れ態勢や同期の数などで差が出る場合があります。

どの時期にもそれぞれメリット、デメリットがあるので、それを念頭に置いて転職活動に取り組むと良いでしょう。

秋の転職活動が良い理由

では、秋が転職活動に向いている理由を見ていきましょう。

過ごしやすい気候

夏や冬は暑さや寒さのせいでなかなかやる気が出ないという人も多いのではないでしょうか。

気候は転職活動に直接関わるものではありませんが、暑さや寒さはストレスの要因になりやすいものです。

転職活動中はなかなか内定がもらえずに焦ってしまったり、緊張でストレスを覚えることもあるでしょう。

過ごしやすい時期に転職活動を行うことで、そういったストレスを軽減することができます

また、夏や冬はスーツの着こなしやアウターのことで悩んでしまうという声も少なくありません。
服装の面からも秋は都合の良い季節であると言えます。

祝日が多い

9月~11月は敬老の日や体育の日など、祝日が多い時期です。

在職中に転職活動を行う場合、休日が少なくて思うように転職活動が進まないという場合もあるでしょう。

平日は仕事で忙しいという人でも、祝日を利用してしっかりと準備をすることができます。

ライバルが少なくなる

9月~10月で企業の求人活動がピークを迎えると、その後は年末に向けて求人数は減少していきます。

それに合わせて「年末は少し休もう」と考える転職希望者も多いため、転職活動も鈍る時期なのです。

また、春採用に比べて秋採用は採用担当者側にも余裕があるので、面接の時間を長めに設けてくれたり、日程を調整してくれるということも考えられます。

まとめ

秋の転職活動には様々なメリットがあります。

転職活動に適した時期であるということだけでなく、秋は企業の採用意欲も高まる季節なのです。
季節によるメリットを取り入れて転職活動を有利に進めましょう。