転職に使える!面接の際の「退職理由」のうまい伝え方

転職に使える!面接の際の「退職理由」のうまい伝え方

2017/12/6 更新

話し方ひとつで採用はどうとでもなる!

転職に使える!面接の際の「退職理由」のうまい伝え方

転職活動での面接で必ずと言っていいほど聞かれることといえば、「退職理由」です。 正直に話してもいいのか、納得させる言い方はあるのか?など頭を悩ませている人もいるでしょう。 そんな退職理由の伝え方にはいくつかのポイントがあります。 採用担当者を納得させる伝え方や注意点を解説していくので、退職理由について悩んでいる人は参考にしてみてください。

 

なぜ退職理由を聞くのか

面接で退職理由を聞かれるのは絶対と言っていいほどあります。

その理由としては、企業があなたに興味を持っていることが挙げられます。

興味がないのであれば、質問さえもしてこないので前向きに捉えることが大切なのです。

その他にも、

  • すぐに辞めてしまうのではないか?
  • ほかの社員たちと良い関係を築き、成長しあえる関係になるか。
  • 仕事へのスタンスはどうなのか?
  • どんな性格で不満や不平をすぐに感じる人ではないか。

など様々でしょう。

面接官に悪い印象を与える退職理由では採用される確率も低くなってしまうので、気をつけましょう。

退職理由の伝え方のポイント

では、退職理由を伝える際にはどのようなポイントに気を付けるべきなのでしょうか?

前向きな理由を述べて、前向きな理由で終わらせる

退職理由を伝える際には、前向きな気持ちが1番重要です。

ネガティブな感情ばかりを伝えてしまうと、いくら仕事に熱心である人であっても企業側はメリットを感じることができません。

また、最初がネガティブな内容であっても最後を前向きな内容で終わらせることによって、意欲を見せることができます。

どういった仕事をしたいのか、実績を出したいのかを明確に示し、熱意や意欲の高さを感じてもらいましょう。

批判的な言葉を使用しない

「前の会社では○○しかやらせてもらわなかった」など、前の会社の仕事内容を批判するようなことを伝えてしまうと悪印象を持たれてしまいます。

転職したとしても、また同じように不満ばかりを口にするのではないか、態度も悪くなるのではないかと感じるので、採用にも悪影響を及ぼしてしまうでしょう。

表情や声にも気を配る

人間は、見た目・話し方・話しの内容の順番に印象を受けやすいと心理学的にもわかっているのです。

なので、暗い顔や声で話をしていると印象を悪くしてしまうので、明るく笑顔でハキハキと言葉を伝えるようにしましょう。

そうすることで、一緒に働いてみたいと面接官に感じさせることができるのです。

嘘の内容を伝えるのはNG

退職理由の中には、仕事内容に対する不平不満や人間関係の不満などネガティブな内容である場合も多いです。

率直に伝えてしまうと印象が悪くなってしまう可能性もあるので、嘘をついてしまう人も多いのです。

ですが、ネガティブな内容であってもポジティブになるように工夫することは大丈夫ですが、全くの嘘をついてしまうことは問題に発展する可能性もあるので気をつけましょう。

例えば、

  • マネジメントの経験がないにも関わらず、経験があると嘘をつく。
  • 会社内の賞を貰ってないのに賞を貰ったと嘘をつく。
  • 働いていた年数を長くする。
  • プロジェクトに関わっていないのにも関わらず、関わっていたと嘘をつく。

などが挙げられます。

転職であれば、勤務状況や在籍確認を行う企業もあるので、嘘をついたことがすぐにバレてしまう可能性もあるのです。

そういった場合には、経歴詐称を訴えられたり現在働いている会社で懲戒解雇処分を受ける可能性もあります。

トラブルを避けるためにも、嘘をつかないよう注意しましょう。

人間関係が原因の場合は素直に伝えても良い?

転職をする理由が、現在働いている会社でのイジメやパワハラなど人間関係である場合には、どういった方法で退職理由を伝えることが望ましいのでしょうか?

人間関係が良好な企業へ転職するべく、退職理由を伝えようとしても印象を良くする言い方がわからない人は以下のポイントに気をつけましょう。

人間関係のトラブルで退職することが理由であることは避けて伝える

「人間関係でのトラブルが退職理由です。」と率直に伝えてしまうと、企業側としては何か欠点があるのでは?と疑われてしまうので避けるようにしましょう。

実現するための働き方を伝える

人間関係が良好な企業でどのように働きたいのかを伝えましょう。

「チームプレーでやり遂げたい」
「コミュニケーションを取りながら積極的に取り組みたい」

など人間関係が理由であっても、どういう風に仕事を頑張りたいのか考えることによって、印象がアップできるような伝え方が可能となるのです。

まとめ

面接で退職理由について聞かれても、焦らないよう伝え方やポイントについて理解をすることで、良い印象を転職先の企業の採用担当者に伝えることができます

ネガティブな内容ばかりを伝えてしまうと不採用になる可能性も高くなるのでポジティブな内容に置き換えて、目を見てしっかりと伝えていきましょう。

そのためには、事前の準備が必要になるのでしっかりと考えることが重要です。