還暦を迎えた方の転職にハローワークが使えない理由とは…?

還暦を迎えた方の転職にハローワークが使えない理由とは…?

2017/12/6 更新

還暦の転職に一番良い方法を紹介!

還暦を迎えた方の転職にハローワークが使えない理由とは…?

今の時代、還暦を迎えてからも住宅ローンや生活費に不安を感じ、働いているという方も少なくありません。 しかし、還暦になると体調面などから今までの仕事ができなくなってしまうため、転職を検討される方もいらっしゃるでしょう。 しかし、実は還暦を迎えた方にとって転職先を探す場であるハローワークはあまり使えないところになってしまいます。 これはどうしてなのでしょうか? 今回は、還暦を迎えた方に向けた転職方法やハローワークの実態をご紹介していきます。

 

ハローワークはどんな仕事を紹介してくれる?

まず、ハローワークがどんな仕事を紹介してくれるのか気になる方も多いかと思います。

ハローワークではその地域の中で働き先を見つけられるように、企業の求人を紹介しています。

これは、職業安定法の中で「住所を変更しなくてもいいような職業を紹介するように努める必要がある」と決められているためです。

ただ、その地域だけの職業を紹介しているわけではなく、きちんと管轄外の求人情報も掲載しています。

そのため、地域を離れて違う場所で働き先を見つけたいという場合にもハローワークが使えるのです。

紹介してくれる職業は様々な職業を紹介してくれますが、例えば前職の経験を活かしたいという方には前職に近い仕事ができる求人を探してくれます。

また、こんな仕事をしてみたいという希望があれば、具体的なものでなくても職員が求人を探してくれるのです。

ただし、基本的には前職を基に仕事の紹介が行われます。

ハローワークの光と影

ハローワークは無料で求人を探すことができ、職員とも直接やり取りができるので安心、と思われる方もいらっしゃるかと思います。

確かに、ハローワークは民間企業が提供している有料の求人に比べれば利用料もありませんし、民間ではなく公的機関だということもあり、信頼感や安心感も高いでしょう。

しかし、これは企業側にとっても掲載費は無料なので、いつまでも掲載されたままにしておき、若くて仕事のできる人が来れば採用したいと待っているところもあります。

そのため、採用は転職を希望されている方よりもかなりモチベーションは低くなっているのです。

もちろん、そのような企業ばかりというわけではありませんが、すぐに働きたいという方にとってはハローワークだけ活用していても良い求人に巡り会えない可能性が高いでしょう。

還暦の転職はハローワーク頼りになってはいけない!

また、ハローワークの影にあたる部分として、「年齢不問」の問題があります。

ハローワークで掲載されている求人というのは、基本的に年齢制限は設けられません。

これは若い人だけではなく、還暦を迎えた方などにも働き先を見つけるために決められているのですが、実際は応募することはできても落とされるケースが多くみられます。

見えない部分で年齢制限があると、還暦での転職をハローワークだけに頼って行うのはかなり難しいかもしれません。

また、民間の求人サイトなどとは違い、無料で求人を掲載できるということもあって、ブラック企業の掲載が比較的多いと言われています。

これは、民間の求人サイトだと事前に調べて実際に掲載できるかどうかの審査を行なっているのですが、ハローワークの場合審査は厳しくなく、ブラック企業でも求人掲載ができるとされているためです。

ハローワークは公的機関という安心感があるので、ブラック企業もないだろうと思いこんでしまいがちですが、実際は民間の求人サイトの方がブラック企業からの求人掲載も少なく、安心して選べる可能性が高いのです。

還暦世代の転職にもエージェントは使える?

還暦を過ぎ、これから転職活動を始めようという方は、ハローワークを利用しても良いですが、なるべくハローワークに頼りきりにならないようにした方がいいでしょう。

例えば、転職活動というと「転職エージェント」というサービスがありますが、還暦を迎えている方でももちろん利用することは可能です。

転職エージェントでは、自分に合った仕事をキャリアコンサルタントが探してくれるだけではなく、書類作成のアドバイスや面接練習、企業と給料などの交渉なども行なってくれるので、一人で転職活動を行うのは不安…という方にも安心して利用できるサービスとなっています。

また、転職エージェントを利用することで、キャリアコンサルタントが事前に調査し、ブラック企業ではないところを紹介してくれます。

ですから、これから転職活動を始める方は、まず転職エージェントのサービスを利用してみましょう。

まとめ

若い人にとっては使いやすいハローワークでも、還暦を過ぎてからハローワークを利用しても失敗が連続して続いてしまう可能性が高いです。

ハローワークを絶対に利用してはいけないというわけではありませんが、なるべく転職エージェントなどの民間サービスも利用すると良い転職活動につながるでしょう。

長生きされる方が増えてきている中、還暦でもまだまだ人生はこれからです。

転職活動を成功させ、新たなスタートを切りましょう。