失敗続きの転職…その原因は?もう失敗しないための秘訣をご紹介!

失敗続きの転職…その原因は?もう失敗しないための秘訣をご紹介!

2017/12/6 更新

転職で失敗しないための秘訣を学ぼう!

失敗続きの転職…その原因は?もう失敗しないための秘訣をご紹介!

転職活動を始めても、誰もが皆成功するわけではありません。 成功する人も失敗する人もいますが、失敗する人の中には、その悪循環から抜け出せず、失敗を繰り返してしまう場合もあります。 また、就職活動初期に起こるのか、終盤で起こるのか、転職後に気付くのかなど、様々なタイプがありますが、どのようなタイプにおいても、同じミスをしているということがわかると言われているのです。

 

転職の過ちは繰り返す・・・

転職に失敗した場合、傾向や対策をしっかりと明確にしなければ、また同じような失敗を繰り返す危険があります。

大きなミスにきちんと気付き、転職活動は慎重に行うことが大切です。

よく言われる失敗の中では、いつまでも転職先が決まらなかったり、書類選考から次のステップへ進めないなど、活動中に起こることも多いでしょう。

たとえ良い企業が見つかっても、面接へ進むと落とされてしまうこともあります。

そんなときは、何が原因だったのか気付かないままでは、同じ繰り返しになるに違いありません。

また、転職先がなかなか決まらないからと焦りや不安を抱くことで、判断力が鈍ります。

そのまま妥協して転職すれば、入社後に失敗だったということに気付くといった事態に繋がる恐れもあるのです。

やっと採用が決まった・・・、でも何か違う

希望の会社が見つかり、ようやく内定がもらえたとなれば、この上ない喜びに包まれることでしょう。

しかし、転職先が決まらないと焦り、内定後に失敗に気付くケースも少なくありません。

給料が安い

転職先を探す上で、ほとんどの人が重視するのが給料面ではないでしょうか?

しかし、実際はなかなか転職先が決まらず、安い給料でも仕方がないと考え、入社してしまう人も多いです。

給料面で満足できないにも関わらず入社してしまうことで、それが原因でモチベーションが上がらないこともあるでしょう。

モチベーションが低いままでは、成績も上がりにくく、仕事全体がつまらなく感じます

そんなネガティブな感情が続けば、結果的に失敗だったという思いが強くなっていくのです。

仕事内容が想像と違う

せっかく転職するなら、これまでよりもやりがいのある仕事がしたいと意気込む人は多いです。

しかし、転職したことで、今までと劇的にやりがいを感じるような仕事内容に変わるケースは決して多くありません。

理想が高ければ高いほど、実際入社が決まってみたらつまらない仕事だったと感じるでしょう。

もちろん、やりがいのある仕事をするという面から言えば、それは悪いことではありません。

しかし、理想と現実をしっかりと見極める力も必要なのです。

転職直後にすぐ辞めたくなってしまう

入社直後に辞めたくなってしまう原因としてはどのようなケースが考えられるでしょうか?

未経験歓迎の罠にハマった

転職を希望するのが比較的若い世代に多いケースです。

未経験歓迎だからと意気込んで挑戦してみたら、サポートもあまりないまますぐに1人立ちさせられてしまったという事例も多いです。

これまでのスキルが通用しない

これまでの経験を生かした仕事がしたくて入社したけれど、その企業によって方針や強みが違います。

今までのスキルが全く通用しないということがわかると、やる気を失い、辞めたくなってしまう原因にもなるでしょう。

職場の雰囲気が人間関係が悪い

転職先の職場内の雰囲気は、入社するまでわかりにくい部分です。

いくら面接官や担当者が好印象な人であっても、職場の人も良い人ばかりとは限りません。

入社してみたら雰囲気や人間関係が悪く、失敗したと感じる人は非常に多いケースです。

辞めたい気持ちが強くなった

何かしらの理由で転職が失敗だという感情が出てくると、すぐに辞めてしまいたくなる傾向にあります。

しかし、新しい会社に入ってすぐに辞めてしまうことそのものが転職における失敗なのです。

すぐ辞めたくなってしまうというのは、意外と多くの人が悩んでいるのが実態です。

給料や雇用形態など、募集要項と実際が違っていたり、理由は多種多様あるでしょう。

職歴のことも考えて、頭を悩ます人は多いのです。

そんなことにならないためにも

では、転職で失敗しないためにはどうすれば良いのでしょうか?

  • こだわり過ぎず、急がない
  • 退職理由と志望動機を照らし合わせる
  • 応募企業は1社に絞らない
  • 実際の待遇をできるだけ確認する
  • 同じ業界の経験者に相談する
  • 自分に合うエージェントやサイトを見つける

転職活動を成功させる秘訣としては、このようなポイントが挙げられます。

転職するのだからと、あまりに自分の希望やこだわりが強すぎると、なかなか見合った企業が見つからないでしょう。

応募先すらも見つからず、焦りが出てくれば、判断力も鈍り、結果的に失敗する可能性が高くなります。

また、そもそもなぜ今の会社を辞めるのかということを明確にし、それと志望動機を照らし合わせることで、本来の転職の目的がブレません。

企業の中には、掲載された募集要項と実際の条件や待遇が異なる場合もあります。

そんな企業に引っかからないためにも、事前にしっかりと確認することが重要です。

同じ業種の人に話を聞いたり、自分に合う転職サイトやエージェントを探すのも、転職を成功させる秘訣の1つです。

まとめ

いかがでしたか?

転職で失敗すると、気持ちも沈み辛く感じることでしょう。

しかし、さらなる失敗を繰り返さないためにも、原因と対策を明確にすることが大切なのです。