転職エージェンシーの正しい活用法

転職エージェンシーの正しい活用法

2017/7/5 更新

転職エージェンシーはこうやって利用する

転職エージェンシーの正しい活用法

転職エージェンシーは転職活動の際に、転職者をサポートしてくれる強い味方です。 特に働きながら転職活動を進めたい方には、活用することで忙しい中でも転職活動も捗ることができるでしょう。 しかし、そんな強い味方であるはずの転職エージェンシーも、自分が成績アップにつなげるために受かりやすさだけで選んだ会社をオススメしてきたり、自社が持つ求人ばかりを勧める、転職者の気持ちを考えないエージェントも残念なことにいらっしゃいます。 転職エージェンシーに利用されず、自分の転職のために活用するにはどうすれば良いのでしょうか? 今回は転職エージェンシーに利用されない方法と、正しい活用方法についてご紹介していきます。

 

転職エージェンシーに利用されないためには?

転職エージェンシーにはきちんと転職をサポートしてくれる担当者もいれば、自分の成績しか考えていない担当者もいます。

エージェントは全員ノルマや目標があるため、その結果によって評価や給料が決まってくるわけですから、気にしないという方が無理でしょう。

しかし、それでも転職希望者としてはちゃんとサポートをしてほしいと考えてしまうものです。

まずは転職エージェントの中でも、悪質と言われることが多いポイントをご紹介していきましょう。

内定が出やすい会社だけを勧めてくる

自分の希望している条件の会社ではなく、内定が出やすい会社ばかり勧めてくるのは悪質と言えます。

内定の出やすさだけで選んでいるため、自分が希望している勤務時間や給料などが全く合っていない可能性もあります。

このようなエージェントがいれば、もう一度自分はどんな会社に務めたいのか希望条件を話し合っておきましょう。

それでも改善しないようなら悪質な転職エージェンシーなので、他のところを探してみると良いかもしれません。

内定をもらうと決定するように押し進める

内定をもらった段階で、転職希望者には本当に内定をもらった企業へ転職するかしないかを決めることができます。

しかし、悪質な転職エージェンシーは早く入社を決めてくれれば自分の成績にもつながるため、その会社に決めるようにと強引に押し進めようとします。

転職は人生の岐点にもつながる大切な事柄です。慎重に決めなくてはならないので、もし決定するようにと強引に迫ってきたら押し負けずに自分の気持ちや考えを大切に、決断しましょう。

対応が遅い、オペレーションが悪い

転職エージェンシーの担当者は、基本的に転職のプロとして働いています。

しかし、中には対応スピードが遅くなってしまい、希望の企業へ申込みができなかったり、良い案件があるにも関わらず連絡してこないなどの

問題が発生するケースもあるのです。せっかく転職エージェンシーに頼んでいるのに、これなら自分がやった方がマシな時もあるでしょう。

そのような時は他の転職エージェンシーを活用した方が良いと言えます。

転職エージェンシーの正しい活用方法

転職エージェンシーを活用するためには、下記のポイントを押さえることが大切です。

直接面談して希望条件やイメージを擦り合わせる

まず自分がどのような会社でどんな仕事をしたいのか、働く条件などを転職エージェンシーに詳しく伝える必要があります。

メールなどの文章でも連絡することはできますが、直接面談した方がより伝わりやすいと言えるでしょう。

エージェンシーとこうした情報を擦り合わせておくことで、希望に合った求人を紹介してくれます。

転職エージェンシーには嘘を付かず、やる気にさせる

転職エージェンシーとの面談では嘘を付かないことが大切です。

そもそも転職希望者と転職エージェンシーは、信頼関係があることでより良い転職活動を行うことができます。

信頼関係がなければ先程のような悪質エージェンシーに利用されてしまうかもしれません。嘘を付いてしまうと、そのまま応募企業に紹介した際にエージェンシー側も責められてしまう可能性があるため、信頼関係を築くためにも嘘は付かないようにしましょう。

また、面談では面談者をやる気にさせることも重要です。

例えば「他のエージェンシーにも登録しています」と言えば、自分のところから内定をもらえるように、希望に合った求人をすぐに紹介してくれます。

転職エージェンシーはなるべく他社から転職希望者を取られたくないと思っているので、やる気を出してくれるはずです。

書類添削や模擬面接をしてもらう

就活生であれば書類添削や模擬面接など、学校側がサポートしてくれるので事前に行うことはできるのですが、転職活動となると書類添削・模擬面接などは行うこと自体難しくなってしまいます。

転職エージェンシーでは、書類添削や模擬面接を行ってくれるところもあるので、そちらをぜひ活用しましょう。

面倒だからとやらないでいると、思わぬ失敗をしてしまい、希望の会社に落ちてしまう可能性もあります。

転職エージェンシーを正しく活用するために、エージェンシー自体をやる気にさせてサービスをどんどん利用していくことが大切です。自分が希望する条件が揃う会社に入社できるまで、転職エージェンシーに利用されずに、転職希望者がうまく活用しましょう。