“退職金”に関するまとめ

退職金とは

退職金とは賃金の後払いのことであり、終身雇用制が基本になった日本では昔からある制度として知られています。 しかし、法律で規定されているわけではありませんので、労働契約などに退職金制度を設けなくても、特に違法になることはありません。 ですので、就業規則などで定めていなければ、会社は支払う義務はないのです。 退職金は、「退職一時金制度」と「企業年金制度」に分類されます。 最近は退職金制度を設けていない、あるいは制度自体を廃止する企業が増加傾向にあります。