“中小企業”に関するまとめ

中小企業とは

中小企業とは、生産、販売業などを行っている企業の中で、その規模が比較的小さい会社を言います。 企業の規模は、一般的には資本金や従業員の数によって判断されます。 日本では中小企業基本法の中で規定されており、それによると工業、鉱業、運送業などは資本金 5000万円以下・従業員数 300人以下、商業やサービス業は資本金 1000万円以下・常時従業員数 50人以下などになっています。 しかし1973年の改正法により製造業の資本金は1億円以下に、また卸売業の基準は従業員 100人以下・資本金 3000万円以下に変更されました。