“有効求人倍率”に関するまとめ

有効求人倍率とは

有効求人倍率とは、求人の数を仕事をしたい労働者の数で除した割合を言います。 この指標は、どれほどの求人が世の中にあり、またそれにどの程度の応募があるのかを表しています。 例えば100の求人があり、それに200人の方が応募した場合の有効求人倍率は、0.5という指数になります。 この指数は高ければ高いほど、たくさんの求人があることが分かります。 リーマンショック後の有効求人倍率は0.47まで下がりましたが、その後は徐々に回復しています。

このキーワードに関連する「記事」はありません。