【実体験】正社員への転職が叶った5つの理由とは?

【実体験】正社員への転職が叶った5つの理由とは?

2018/11/1 更新

転職経験者が赤裸々に語る!

【実体験】正社員への転職が叶った5つの理由とは?

様々な理由で転職を考える方はたくさんいます。 就職活動を頑張って希望の会社に入ったのはいいけれど、自分のやりたいことと業務内容がかけ離れていたり、パワハラやセクハラに悩まされたり、人間関係のトラブルが起きたりと、転職を考える理由も人によって様々です。 そんな中、正社員への転職を目指そうと考えている方もいると思いますので、今回は無事に正社員への転職を果たした実体験をまとめてご紹介します。 最後には正社員求人に強い転職サイトのおすすめもありますので、是非最後までご覧ください。

 

自分に合った営業担当者との出会い

大学を卒業してから大手家電メーカーに就職しました。子供の頃から電化製品が好きで、厳しい就職活動を経て入社しましたが、実際に勤めてみると商品企画ではなく総務へ回され、その後は商品開発とは程遠い部署を転々とすることになり、異動のたびに転職を考えるようになりました。

その時、気づいたらすでに30歳を手前にしていたので、このままこの会社で働き続けるのかと不安になり転職を決意しました。

転職を決意してからはいくつもの転職サイトや転職エージェントへ登録をしましたが、気になる求人があっても面接までなかなかたどり着けませんでしたし、また担当してくれた営業担当者とも波長が合わずにいました。

なかなか転職が決まらない上に、営業担当者とのコミュニケーションうまくいかず本当にその時はストレスで大変でした。そんな時、とある営業担当者との出会いが私の人生を好転させてくれました。

その営業担当者の方は、私の話をよく聞いてくれた上に、時間外でもいい求人があれば私に紹介してくれました。**この人となら必ず転職できると信じて活動した結果、無事に正社員への転職が達成できました。

その時にその営業担当者としっかり握手をしたことを今でもよく覚えています。その時の経験から、自分に合った営業担当者との出会いも、転職活動を上手に進めるためには欠かせないと確信しました。

「即戦力」として働ける準備をした

大手コールセンターの管理者として大学を卒業して入社をしました。コールセンターはたくさんの働く人と管理者がいるのですが、その方々との間でトラブルも多く、私は働く方と管理者の板挟みとなりとても苦しい思いをしました。

その時にストレスから体調を壊してしまい休職している時に転職を決意しました。しかし、いざ転職となるとも資格も多く持っていなかったため、休職中に通信制で取得できる資格を探し、職場復帰してからも資格の勉強を続けていました。

資格の勉強を続けた理由は、転職した先で即戦力として働ける準備をする必要があると転職成功者の方から話を聞いたことです。私は経理事務を希望していたので、経理に関係する資格を通信で取り、資格を取得した上で未経験でも経理事務で活躍できる求人を見つけ、自分で応募し転職することができました。

たくさん資格を持っていればいいというわけではありませんが、即戦力として使える資格は取っておいても損はないと思います。

日頃から「適応力」を身につける努力をした

高校卒業してから35歳まで、同じ会社で技術職として働いていました。しかし、業務中の事故によりそれまでやっていた業務ができなくなりました。

その後は今まで経験したことのない不慣れな部署で苦労し、今まで培ってきた技術が活かせる仕事がしたいと思い転職を決意しました。それからは、どんな職場でもすぐに適応できる力を身につける必要があると考えていたので、そういった書籍を読んだり、自分がこういう状況に陥った時にどう対応すべきかということを、頭の中でイメージもしました。

転職活動をした結果、自分の体に負担がかからない職場へ正社員として転職できました。転職した先は私よりも歳がずっと上の方ばかりで私が一番年下でしたが、それまで培ってきた適応力をいかんなく発揮し、今では年上の先輩にもアドバイスができるようになりました。

異業種交流会で転職先の視野が広がった

大学卒業後ずっと総務事務として働いてきましたが、就業開始から定時まで会社の中にいて、会社が終わった後も家に帰るだけの単調な生活をしていました。そんな時、友人から「異業種交流会に行かない?」と誘われました。その時の異業種交流会で私の人生がガラッと変わりました。

それまでは、同じ会社の中でしか知らなかった世界が、異業種の方と交流することで視野がぐっと広がり、これまでの経験を活かしつつ違う世界で働きたいと思い、転職を決意しました。

ちなみに、転職した先はその時の異業種交流会で知り合った方の会社です。転職するしないにかかわらず、自分とは違う仕事の方と触れ合うのもいい刺激になると思いました。

正社員求人に強い転職サイト

エン転職

転職サイトとしてはまだ若いサイトであり、これから伸びていく印象があります。1社1社独自取材をしており、非常に詳しい求人情報を提供しています。

また、サイトの内容は実際に使ってみると分かりますが、求人検索がシンプルでとても使いやすいです。

リクナビNEXT

こちらのサイトには様々な機能があり、転職者をしっかりサポートしてくれます。活動中に気になる企業があればすぐにブックマーク登録できますので、情報開示や求人応募にも便利です。

一度ブックマーク登録しておけば企業の最新情報をはじめ、募集状況などの情報もメールで受け取ることができます。

マイナビ転職

こちらは求人が公開されている転職サイトの1つですが、その他に「マイナビエージェント」と呼ばれる人材紹介サービスがあるのが特徴です。

転職エージェントは登録から利用まで無料であり、エージェントに登録すれば非公開求人も紹介してもらえます。これら2つは、転職サイトを利用して自分で求人を見つけるか、エージェントから紹介してもらうかの違いがあります。全体として見た場合は非公開求人が多く、サイト全体の求人の中で、およそ8割が非公開求人であるとされています。

まとめ

今回は、正社員への転職を成功させた方の実体験をまとめてご紹介しました。

皆さんに共通しているのは、これまでの知識や経験を活かせる職場を探していたことはもちろんですが、転職に必要な適応力や即戦力など「常に先を見据えた行動」も大事だということもおわかりいただけたと思います。自分とは違う職業の方とお話をすることも視野が広がるとも感じました。

この記事を読んでいる方も日頃から転職につながる活動を行ってみませんか?