急病で当日に面接を辞退したい…!キャンセル連絡をする際に気を付けること!

急病で当日に面接を辞退したい…!キャンセル連絡をする際に気を付けること!

2017/12/6 更新

キャンセル連絡をするときに気を付けること!

急病で当日に面接を辞退したい…!キャンセル連絡をする際に気を付けること!

転職を希望する人にとっては、面接はしっかりと準備し、成功させるために努力していることでしょう。 しかし、何らかの理由でやむを得ず面接へ行けないといった状況になって可能性も少なからずあるというのが実態です。 そんなとき、正しい対処法を知って、応募先に嫌な印象を与えてしまわないよう注意しなければなりません。

 

ドタキャンは印象が悪くなります

面接を辞退する原因として考えられるのは、どのような場合でしょうか?

急な仕事や会議が入ってしまったり、体調が悪くなってしまったなど、様々です。

中には、当日まで面接のことを忘れていたり、事前準備が十分にできておらず、面接に望めないという人もいるのではないでしょうか?

しかし、どんな理由にせよ、当日になって面接を辞退するという行為はルール違反です。

では、具体的にどのようにしたら良いでしょうか?

まず、選択肢としては「面接を辞退する」ということだけでなく、「面接日の変更をお願いする」という2つがあります。

面接を辞退する場合

面接を辞退する場合、当日の連絡は避けましょう。

また、転職エージェントを利用していた場合は、当日に面接を辞退することで、今後のサポートが受けられなくなる可能性があります。

転職エージェントと良好な関係を保つためにも、面接辞退は最低でも前日に行いましょう。

これは、転職エージェントを利用している場合に限らず言えることです。

面接日を変更してもらう場合

転職活動している人の中には、やむを得ず面接に行けなくなってしまったというケースは決して少なくありません。

急な仕事が入るなどして、面接に行くことができなくなっても、お願いすれば再度別の日程での面接に応じてくれることが多いです。

万が一面接をキャンセルすることになっても、別の日程へ変更が可能かどうか確認することも大切です。

どんな対処法がある?

急な予定や体調不良などで、当日になってどうしてもキャンセルを伝えなければならない場合もあるでしょう。

そんなときは、当日でも出来るだけ早めに連絡することが大切です。

転職エージェント経由の面接である場合は、担当のキャリアコンサルタントにも連絡しましょう。

早めの連絡を

当日になってキャンセルする場合は、最低でも1、2時間前には連絡しなければなりません

どんな理由にせよ、当日にキャンセルすることは応募先に迷惑がかかりますし、印象も良くないでしょう。

そのため、できるだけダメージを減らすためにも早めに連絡することは必須です。

転職エージェントのキャリアコンサルタントへ連絡

転職エージェント経由だった場合、直接応募先に連絡するのではなく、まずは担当のキャリアコンサルタントに連絡し、その後の対応について指示を待ちましょう。

転職エージェントでは多くの場合、企業と直接やり取りすることが禁止されています。

担当者との信頼関係が悪化することも考えられるので、必ず担当者に連絡してください。

キャンセル連絡をする際は以下のことに気を付けて!

当日にキャンセル連絡をすることになったら、注意するべきことがあります。

それは、キャンセルする「理由」です。

面接当日になって、体調が悪くなることもあるでしょう。

しかし、決して「体調不良」を理由に面接をキャンセルしないでください。

それは、社会人の基本として体調管理も仕事のうちと考えている企業が多いということが挙げられます。

ビジネスマナーとして、面接当日にベストなコンディションで臨むことは当然なのです。

また、例外として仕事中に倒れてしまったり、何らかの病名が付くような状態である場合には、正直にその旨を伝えて構いません。

もう1度面接チャンスが欲しい場合は?

急な仕事や会議などが面接当日に入ってしまい、面接に行けなくなるケースはよくあることです。

そのため、お願いすれば別の日程で面接に応じてくれる企業が大半です。

しかし、面接を受けようとしている人は当然自分だけではないということを理解しておきましょう。

別の日程に変更したことで、他のライバルは次のプロセスに進んでしまう可能性も高くなります。

もう1度面接の機会をくださいとお願いすれば、応募先もチャンスをあげようという気持ちになってくれることでしょうう。

しかし、日程を変更して面接に臨むことは、少なからずリスクが発生することも覚えておきましょう。

また、転職エージェントを経由している場合でも、キャリアコンサルタントに日程の変更をしっかり伝えましょう。

そうすることで、担当者が熱意を代弁してくれるのです。

まとめ

何らかの事情で面接を辞退しなければなならいこともあるでしょう。

しかし、そんなときこそ社会人としてのマナーが問われると言っても過言ではありません。

ルール違反となるような言動や態度は慎み、誠意ある行動を取るよう心がけましょう。

また、辞退するという選択肢以外にも、面接日を変更してもらうこともできます。

そうした姿勢を示すことで、この企業に働きたいという熱意が伝わります。

行動次第で、転職が成功するかどうかも関わってくるということを覚えておきましょう。