【転職】応募辞退するときのメリット・デメリットと穏便に辞退する方法まとめ!

【転職】応募辞退するときのメリット・デメリットと穏便に辞退する方法まとめ!

2017/12/6 更新

応募辞退をする際に抑えておきたいポイントとは?

【転職】応募辞退するときのメリット・デメリットと穏便に辞退する方法まとめ!

転職活動において応募を辞退してはいけないというルールはありませんが、応募先の事情を考慮して取り消すことは社会人としてのマナーになります。 ここでは、無難に応募辞退する方法についてご紹介していきます。

 

面接を辞退することは可能?

せっかく面接の機会を設けてもらっても、他に受けてみたい企業が出てきたり、応募先をよく検討した結果取り消したいと思うことは仕方のないことです。

面接を辞退してはいけないという決まりはもちろんありませんが、採用担当者にきちんと伝えておくことは必要になります。

選考期間中、採用担当者は席を外していることが多いため、電話に取り次げない状況も出てくることでしょう。

その際は、メールで面接を辞退することを伝えてください

応募辞退することのメリット・デメリット

メリット

選考や面接を行う時間は企業によって違うものです。

しかし、短時間でできるものではないので辞退することで他社に応募する時間や説明会にあてたりすることができます。

面接対策の手間や時間も省くことができるので、その分他社の転職活動や応募書類を作成する時間などが有効になるでしょう。

入社後すぐに退職してしまうより、選考期間中に辞退した方がお互い負担が少なく済みます。

デメリット

第一志望と第二志望の企業と面接が重なってしまった場合は、面接を辞退しなければならないことになります。

もしも、どちらも内定が出ていない場合は1つの選考を辞退することで持ち駒が少なくなってしまうことになります。

後々辞退した企業にもう一度受けたいと思っても、一度取り消したことをなかったことにするのはできないため、受け直すことは難しいでしょう。

このように選考や面接を辞退するとメリット・デメリットそれぞれありますが、辞退しなければいけない機会は転職者であれば、誰にでも起こりうることです。

書類選考の段階ならまだしも、面接を行った後に辞退するのはなかなか気まずいことでしょう。

しかし、企業にとって選考辞退はよくあることです。

残念だと思う企業はあっても、怒ることはありませんので安心してください。

応募辞退を伝える方法とそのポイント

応募辞退を伝えるのは「気まずいし、嫌だな」と思うものですが、後回しにしてしまうと応募先に迷惑をかけてしまうことになります。

面接や応募を辞退する時は、どんなことに注意すれば良いのでしょうか?

選考辞退は転職活動においてよくあるケースですが、失礼にあたる行為であることに変わりありません。

ある程度のマナーを守って、お互い気分を害さずに辞退の旨を伝えてください。

電話で面接辞退を伝える場合の例文

○月○日の○時から面接のお時間をいただいている○○○○(名前)と申します。
大変申し訳ありませんが、面接を辞退させていただきたく連絡いたしました。
誠に申し訳ありません。

電話で選考辞退を伝える場合の例文

○月○日の○時から、面接のお時間をいただいている○○○○と申します。
この度、一身上の都合により選考を辞退させていただきたく連絡いたしました。
お忙しい中、お時間をいただいたにも関わらず、誠に申し訳ありません。

電話で直接採用担当者に伝える時は、これまで時間を費やしてくれたお礼も忘れずに伝えましょう。

電話では簡潔に話すことが重要ですが、緊張や焦りで要点をうまく伝えられないこともあります。

落ち着いて話せる自信のない人は、あらかじめメモをしてから電話してみると良いでしょう。

メールで面接・書類辞退を伝える場合

メールで辞退を送る時は、読みやすく内容が相手に伝わりやすい文面で送るようにしましょう。

また、誠意を持ったメールを送るよう心がけてください。

  • 件名「面接(選考)辞退のご連絡【名前】」
  • 日程(面接の日程などが決まっている場合)
  • 辞退の旨を本文の最初に書く
  • 後半に謝罪や感謝の言葉を書く

以上の項目に注意しながらメールを作成してみましょう。

応募辞退の理由を聞かれたら何て答えたら良い?

面接や選考を辞退した時、自ら詳しい理由を伝える必要はありません。

では、応募先企業から辞退する理由を聞かれた時はどのように対処すればよいのでしょうか?

正直に答えても、無難な答え方をしてもどちらでもかまいませんが、他社から内定をもらったということが理由である場合に具体的な企業名を申し出ることは避けるべきです。

しつこく聞いてくることはないと思いますが、最低でも「○○関連の職種です」と大まかな内容にとどめておきましょう。

辞退する理由を伝えることは義務ではありませんので、正直に話す必要もありません。

納得されるような答え方をすることもありませんし、社交的な返答でも問題ないのです。

まとめ

面接や選考辞退をメールで伝えた場合には、基本的に往復して終了となります。

メールを送った後に電話で連絡をすれば、丁寧な対応になります。

辞退する理由よりも大切なのは、できるだけ早く誠意を持った伝え方に気をつけることです。

転職先で一緒に働く可能性もあるので、最低限のマナーを心がけてください。