結局、己を知る者が転職活動を制する!

結局、己を知る者が転職活動を制する!

2017/7/5 更新

転職活動は自分を知ることから始まる!自己分析・キャリア棚卸しの方法とは?

結局、己を知る者が転職活動を制する!

転職をしようと思っても、「自分は仕事でどんなことがしたいのか」、「自分の強みが分からない」、「自分に市場価値がどれくらいあるのか」など、自分が転職することで求めているものが分からなくなってしまうことがあります。 そういった迷いに陥らないようにするためにも、転職活動を始める前に自己分析とキャリアの棚卸しをしておきましょう。 今回はそんな自己分析を行う際の項目や、キャリアの棚卸しについてご紹介します。

 

まずはキャリアの棚卸しから始めてみよう

キャリアの棚卸しは、自分が働いてきた中でどんな仕事を行ってきたのか、その仕事によってどんなスキルや知識などが身に付いたのか、分析することを指します。

キャリアの棚卸しを行うことによって、自分が今まで身に付けたこと・できることが明確になり、さらに自分はこれからどんな仕事をしていきたいのかを改めて再認識することができます。

棚卸しする作業は意外と時間もかかってしまいますが、ここでしっかり自分と向き合う時間を作ると後々の転職活動も楽に進められるでしょう。

例えば、応募書類で自己PRや志望動機を書く時に悩んでしまう方も多いですが、しっかりキャリアの棚卸しをしていれば事前に自分にはどんなアピールポイントがあるのかを知ることができます。

また、自分がこれからどんな仕事をしていきたいのか、方向性も決まってくるので、志望動機の作成にも使えるでしょう。

このように、転職活動をスムーズに進めるためにも事前にキャリアの棚卸しをしておくことが重要です。

転職活動の自己分析は就活時と何が違う?

新卒就活を行う時にも自己分析を行っている方は多いのではないでしょうか。

もしその時のことを覚えていれば、就活の時の自己分析をそのまま使ってしまおうと考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、転職と就活では自己分析も多少異なってきます。転職を始める今現在、あなたは社会人としての経験が備わっています。

そのため、自己分析は学生時代の経験ではなく、仕事からつなげていく必要があるのです。

また、昔の自分と今の自分とは考え方が多少なりとも変わっているはずです。ですから、改めて自己分析を行ってみましょう。

自己分析の項目

自己分析は、以下の項目を具体的に答えていくことでより深い自己分析につながります。

1.強み(アピールポイント)

自分の強みは直接的なアピールにつなげることができます。

まずは大まかにでも良いので自分の強みとなる部分を出してみましょう。大まかに出せたら、今度はどうしてその強みが出たのか、詳細なエピソードを付け加えます。

例えば、強みに「正確性を重視した仕事が得意」があったとします。これにつながるエピソードを探してみましょう。

このようなエピソードを出すためにも、キャリアの棚卸しをしておくと便利です。

2.弱み(弱点克服や目標)

自分の弱みを出すことは転職活動の際にマイナスポイントになってしまうのではないかと思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし、弱みを出さなければかえって長所まで嘘っぽく見えてしまう可能性があります。それに弱みだけだと、アピールにはつながりません。

自分にはこんな弱みがある、しかしその弱点を克服するための努力や目標も自己分析の際に出しておくことで、応募書類や面接の際に聞かれたとしても焦らずに済むでしょう。

3.なぜ転職をしようと思ったのか

これは面接時に転職者がよく聞かれる質問として多くみられます。

そのため、どうして転職をしようと思ったのか理由をハッキリさせておくことが大切です。

単純に「仕事が嫌になって辞めた」という理由であれば、そこからまた深く掘り下げる必要があります。

仕事が嫌になって辞めたのであれば、どうして仕事が嫌になったのかを考えてみましょう。

応募書類や面接の際に転職理由を聞かれても、マイナス思考な理由を言ってしまうとあまり良い印象を与えられません。

そのためポジティブな理由に変える必要があります。この作業はマイナスな理由をポジティブに変えるために、大切な作業なのでぜひ実践してみましょう。

4.将来どうなっていたいか

今までは現在や過去の自己分析を行ってきましたが、未来の自己分析も行ってみましょう。

将来、自分はどんな仕事をしたいのか、転職先の会社で自分はどのようになりたいのかを想像してみます。
漠然とした理想ではなく、詳細なイメージを用意しておくようにしましょう。

例えば、将来的に自分が企画を発案するだけではなく、チームリーダーとしてマネジメントもやっていきたいなどが挙げられます。

また、こうした目標を叶えるためにこれからどのような努力をしていくのかまで、考えておくことが大切です。

自分が転職において何を求めているのか分からなくなった時は、キャリアの棚卸しから自己分析まで行い、自分を見つめ直すことが大切です。

ここで見つかったものは転職活動にも活かせるものばかりなので、ぜひ実践してみましょう。